コラム
  • ワタナベフラワースペシャルインタビュー vol2

    前回はメンバーそれぞれの 商店街エピソード をご紹介しました。今回は商店街や市場を“巻き込んでの”「神戸ストラット」や、お祭りへの想い、今後の展望について語って頂きました!


    ワタナベフラワー


    「神戸ストラット」は神戸市全9区開催を見据えて。

    震災から20年経ち、元気になった神戸の街を、東北の子どもたちに見せたいと始まったのが「神戸ストラット」。クマガイさんは“1000万ドルの夜景”を見てもらえば一目瞭然だろうと、第一回目の開催地を灘区の摩耶山掬星台展望広場に決めました。翌年から垂水区、東灘区、兵庫区と続き、五回目となる今年は長田区で開催。東北の子どもたちを毎年招待しています。
    会場に近い商店街や市場も一緒に盛り上げたい!

    今回の神戸ストラットはどうでしたか?

    クマガイさん(Vo)「神戸ストラットは、9区全部での開催を見据えてやってて。“ストラット”って堂々と歩くっていう意味があるんですけど、僕らも開催区を歩いて、知らない神戸を知れたらいいなと思ってます。有難いことに開催した区からは、イベントとかお祭りのお声が掛かるようになって、それこそ足跡を残せてる感じです!」

    イクローさん(G)「楽しく出来ました!長田商店街のいろはのお好み焼き、めちゃくちゃうまかった!(笑)」

    クマガイさん(Vo)「会場の鉄人広場の近くの商店街、市場も盛り上げたいから、僕が直接説明に行って、趣旨に賛同してもらえたら 応援店舗 の幟(のぼり)を立ててもらって。それを見てファンの人が食べに行ってくれたのを、お店の人が喜んでくれる。嬉しかったですね」

    イクローさん(G)「ファンの人たちにもライブだけじゃなく、商店街も“ストラット”して欲しくて、 応援店舗マップ も作りましたからね」

    すごく地域の人たちとの繋がりを大事にされてるのを感じますね。

    クマガイさん(Vo)「最近イベントとお祭りの違いを考えるんですけど、まさに地域色があるのがお祭りかなって。地域の人たちが作り上げて、婦人会の人がお店を出して、ライブ会場を出たら地元の美味しいものがあって…っていうお祭りが好きです(笑)」

    ワタナベフラワー今後の展望は!?

    今後の活動の展望を聞かせてもらえますか?

    イクローさん「ラクになると面白いコトを生み出そうとしなくなるから、新しい演出も入れたりして…まあまあスベるけど(笑)。でもチャレンジが大事です!」

    クマガイさん(Vo)「まず地元で最強になって、ノエビアスタジアム神戸や甲子園で歌いたい夢もありますね。亡くなった事務所の社長との、紅白出場っていう約束への思いもあるけど、自分達が面白いと思ってることが出来て、人に喜んでもらって、たくさん仕事に呼んでもらえたら、その先にあるのが東京なのかなと。でもライブハウスも好きやし、子どもやおじいちゃんおばあちゃんの前でも歌いたいです」
    「落ち込むこともあるけど、僕はこの街が好き。」

    来年結成20周年を迎えるワタナベフラワー。神戸市や地元と一緒になって地域に根差した活動をしてるからこそ、見える事情もあるのだそう。「でもそれも真剣に地元と関わっているがゆえ」とクマガイさんは言います。そして、「やっぱり神戸が好きやし!」とも。
    いろんな全部を包み込んだ、大きな“神戸愛”でできているワタナベフラワーのみなさんでした。

    文・写真:うえのゆうこ


    ▼ワタナベフラワーをもっと知りたい人は

    公式HP:https://watanabeflower.com/
    公式twitter:
    ワタナベフラワー【公式】@wf87_info
    クマガイタツロウ@kumagaitatsurou
    イクロー@ikuro9
    ムサ@oMUSAo

    神戸ストラット収録CD

    今回のインタビューに登場した「神戸ストラット」がそれぞれ異なるバージョンで収録されています!

    KOBEST4 KOBEST3  KOBEST2
    ¥1000(税別) ¥1000(税別) ¥1000(税別)

     


  • ワタナベフラワースペシャルインタビュー vol1

    Vo.クマガイタツロウを中心に「誰にでも分かりやすくて、楽しい音楽」を目指し2001年に結成。NHKみんなのうた「てんとうむし」や「タン・タン・タン」などの他、神戸で開催される様々なイベントやフェスに参加。自ら「神戸ストラット」を主催。


    ワタナベフラワー


    活動のモトになる想い。地元の商店街の人たちに育ててもらった子ども時代

    記念すべき最初のゲストは、ワタナベフラワーのみなさん。
    先月、自身が主催の野外音楽フェス「神戸ストラット~元気にやっとうよ2019」を新長田で開催したばかり。
    今年で5回目となるステージは大成功で終演しました。
    神戸を愛し、各地のイベントに引く手あまたのバンドが誕生するルーツは、ボーカルのクマガイタツロウさんの子ども時代、商店街の人たちとの記憶にさかのぼります。

    クマガイさん(Vo)「小学5年生の時に母親と離れてくらすことになって、父親は仕事柄、3日に一度しか家に帰らずで。地元の商店街の人たちに育ててもらいましたね。グレきれなかったのも『おかえり!コロッケ食べるか?』って声かけてくれるおっちゃんとかがいてね、“見てもらってる感”があったから。挨拶ってやっぱ大事じゃないですか。商店街にしかないものってあると思うんです。そういうのを大事にしたいんです。残っていって欲しい」

    メンバーそれぞれも商店街に思い出

    イクローさんは、以前は六甲道の近くにお住まいだったんですよね?

    イクローさん(G)「前に住んでた時は六甲本通商店街を毎日通ってました。でも元々ニュータウン育ちの人見知りで。できたら商店街もスッと通り抜けたいところを、みなさん挨拶してくれる。ハファダイで餃子買ったらおまけしてくれたり(笑)。苦手だったけど商店街の温かさを知ってしまったんですよね~。今は声かけてもらえるのは嬉しいなと思ってます」

    ムサさんは、現在も神戸にお住まいなんですね。

    ムサさん(B)「高校生の頃から垂水区に住んでます。学校帰りに当たり前のように垂水商店街に行って、惣菜屋さんのおかちゃんの骨付きチューリップのから揚げを60円ぐらいで買って、何するでもなくブラブラして、が普通でしたね。長く続いているお店の良さっていうか、コンビニには無いものがあると感じていて。垂水商店街は海が近いのに、意外にお肉の美味しい店が多いんですよ!(笑)」

    イクローさん「僕ら仕事でよそに行っても、その土地の商店街に行くんですよ。土地の色がわかるし。だからよそから神戸に来た人は、商店街に行ってもらったら、神戸を知るには面白いと思いますね」

     

    震災の体験から生まれた「神戸ストラット」。東北の子供たちを元気になった神戸に呼びたい!

    中学3年生で阪神大震災を経験したクマガイさん。当時、日本中からボランティアの人たちが来て、助けてくれた。東日本大震災の時、今度は自分が継続してできることは何だろうと考えた。
    そして震災を「忘れないで」じゃなくて、東北に「また行きたいな」「元気でやってるかな」と思い出してもらえるよう、ファンの人たちと一緒に美味しいものや素敵な景色を見てまわる、東北バスツアーを実施し、今も東北の人たちと交流を続けています。

    そして、 “震災後の元気になった神戸の街を、東北の子どもたちに見せたいと始めたのが「神戸ストラット」。旅行したくても出来ない環境にある子どもたちが、子ども時代の自分と重なって、神戸に招待しています。ゆえに元気でやっとうよ!” という言葉 が入っているのです。

    次回は、地元の商店街や市場を巻き込んでの「神戸ストラット」の舞台裏や、出演多数の地元イベント・お祭り、そして神戸への想い、今後の展望をお届けします!

    文・写真:うえのゆうこ


インスタ

名品100選コーナーでは、あなたにとっておきの名品をinstagramで募集中!#神戸商店街の名品100選で写真を投稿してください。投稿者の中から毎月素敵なプレゼントを抽選でプレゼントします。

Search